コップを持つ女性

親しさの度合いに関わらず、お子さんはまだ?といったプライベートな質問する心の抵抗感は、独身者と比較すると、比較にならないほど、既婚者に対しては気軽に問いかけられます。繰り返されれば、それが誰であろうとも、自分の心のテリトリーを守ろうとする気持ちが生まれますが、子供さえいれば、他人や身内に、不要な言葉を投げかけられて、いやな思いをしなくて済むのにという気持ちも芽生えたりします。仕事であったり、自分の体調であったりと、避妊薬を使っていようとも、そういう事は他人にはわかりません。義務感から妊娠へと踏み切る背景には、心の負担という、他人にはわからない問題をはらんでいます。

通販で人気の避妊薬を購入したいならこちらへお進みください。

ヨガをする妊婦

妊娠中によくある話として、妊娠しているのにもかかわらずピルを飲み続けてしまっていたという場合があります。妊娠していたのにピルを飲んでいたことが心配という方も大勢います。妊娠中にピルを服用していても胎児にほとんど影響はありません。なぜなら、その薬は女性ホルモンの分泌を促し、擬似的に妊娠しているような状態を作り出すことで妊娠しないようにする薬だからです。女性ホルモンの分泌を促しているだけですから胎児には影響がないのです。妊娠中に不安にある方もおられますが特に問題はないのです。

笑う女医

出生前診断の種類は血液検査と超音波検査を組み合わせた妊娠初期の染色体異常を調べる検査なら2万5千円くらいでできるようになり、費用が従来40万円くらいかかっていたことと比較すると利用しやすくなりました。帯磁超音波スクリーニング検査、母体血清マーカーテスト、新型出生前診断、羊水検査、絨毛検査というのが主な種類になります。妊娠週により検査の内容が異なり、流産の可能性が高い検査もあります。検査はそれぞれ10万円前後の費用がかかります。ちなみに避妊薬のピルは月額3000円くらいで利用できます。

母親と子供

男の子と女の子を産み分けたいと思っているなら、まずは排卵期を正確に把握しなければいけません。なぜなら、男の子になる精子と、女の子になる精子の生存期間が違うからです。女の子希望なら、女の子の精子は生存期間が長いため、排卵期の数日前に性交して、生存期間が短い男の子の精子が残らないようにしなければいけません。男の子希望なら簡単で、排卵期前後に性交をすればいいのです。排卵期に合わせることが難しい場合は、ピルで生理周期を変えるのも一つの方法です。

錠剤

現代では、経済的な状況から、避妊を行っているという方も多いです。そのことから、避妊薬を使用しているという方が増えてきています。その中でも、トリキュラーを利用している方がいます。ただ、避妊薬を使用したからといって、必ずしも避妊ができるわけではありません。そのため、しっかりとお互いに確認をしたり、自分たちでの避妊を怠らないことも忘れてはいけません。そして、お互いが不安や悩みを抱えている場合には、話し合うことも必要です。